当院の使命・施術方針・理念

◆当院は、お身体の痛みや不調で悩む地域の方々を一人でも多く健康にすることを目指します。

◆当院は、患者様の健康のために、当院がもつ最善の治療を提供することを約束します。

◆当院は、患者様の症状に対し、根本原因をとり除くことを目的として、治療を行います。

◆患者様の症状・状態が当院の治療範疇でないと判断した場合、すみやかにそれをお伝えし、 医療機関を紹介します。

◆慰安的な施術 効果の無いマッサージなどは行いません。

 初めまして、院長の井上です。柔道整復師の資格を取って約20年になります。

当院が他の整骨院と違うところは、スパイラルテープ専用検査機器OT103 を使い、「どこに痛みの原因があるのか」を確実に突き止める為の検査をすることです。

spiraltaping-整体

ただ単に痛むところをマッサージしたりしません。

体の痛みや症状は、大きく分けて3つの原因があります。

内科的疾患 風邪や花粉症などのアレルギー、自律神経など心因性のものや、冷え熱も含まれます。
器質的疾患 これは痛む部分そのものが悪い場合です。スポーツ等の外傷に代表される打撲や捻挫による炎症性、または変形性のものです。
機能的疾患 器質的に悪い部分が長期わたり痛むため、無意識に痛みの和らぐ姿勢へと身体をひねって逃避しているうちにほかの部分に痛みが出てしまうのです。よくバランスが崩れているなどの表現で表されますね。

このように、痛みの原因は一人ひとり違うのです。

その複雑な痛みや、症状を施術するのに当院はスパイラルテーピング療法を軸とした施術を行っております。

スパイラルテーピング療法(※スパイラルの田中にリンクされます)は本家のページやスパイラルテープとはを参考にされて下さい。

昔は箱根駅伝や各種アスリートが貼っていました、近年ではフィギアスケートの羽生結弦選手も小学生の頃から貼っています。

spiraltaping

皆さん痛みの原因を考えたことはありますか?単純な外傷(怪我)はそこだけの問題ですが、なかなか治らない痛みや症状

繰り返す痛みなどは原因は別にあります。痛みや症状は結果であって原因を探して処置しなければ痛みはなかなか取れません。

マッサージや電気などで弛めて一時的に緩和したとしてもすぐ痛みが出るのは原因を治していないからです。

スパイラルテープはただ単に痛いところに貼るようなものではなく専用検査機器OT103で検査をして患者様の体の状態

痛みの原因を突き止めてその原因に作用する感覚器を刺激する場所にテープを貼付します。

感覚器とは代表的なものは眼、鼻、耳、舌など外部の情報を脳に伝えるものですが皮膚の表面も感覚器です、その感覚器に

持続する刺激を与えるものがスパイラルテープなのです。

資格

  • 国家資格免許 柔道整復師(平成9年4月14日取得)
  • スパイラルテーピング協会会員(平成13年入会)
  • スパイラルテーピング北九州ブロック長(平成20年就任)